ひっかかりごと。

日常生活で引っかかったことを綴ります。

「言葉には限界がある」ことの、無限の可能性

結婚する前、よく周りの人から「どうして彼を選んだの?」と聞かれた。

「優しいから」「気が合うから」「面白いから」とかそれなりに理由は言葉にできなくもないけど、一番の理由は「彼だから」としか言いようがない。

好きになる理由って、簡単に言葉で表せないものじゃないだろうか。

その人だけが持つ独特のオーラ(インテリっぽく言えば「アウラ」)にびびっときたから好きになるものだと思う。

心理学的には、「好きな理由」を言葉で明確に表せてしまうのは危険なことらしい。例えば「美人だから好き」という理由でAさんを好きになった人は、Aさんよりもっと美人なBさんが現れたら、いとも簡単にAさんからBさんに乗り換えてしまうだろう。言葉で表せる理由は、実はすべて代替可能なのだと思う。

最近よく人に対して使う「スペック」という言葉が何となく好きじゃないのも、この理由からだ。一人ひとりが持つ言葉にできない部分をそぎ落として、大量生産の製品のように無機質な存在にしてしまう。

 いくら「スペックが優れた(例えば、性格が良くてお金があって見た目もいい)」人であっても、恋愛で必ずしもうまくいくとは限らないのは、人間には「言葉にできない部分」があるからなんだと思う。

 

言葉には限界があり、決して万能ではない。

伝えたいことの半分も伝わらなくて悔しい経験をしたこともたくさんあるけど、私は言葉の限界に絶望しない。むしろ言葉だけでは表せないことがたくさんあるからこそ、希望を感じる。

アラスカの空に浮かぶオーロラの色、ルーブル美術館の『モナ・リザ』、インドのガンジス河の風景、柴犬の硬いようでやわらかい微妙な毛、気の置けない人たちとの楽しいお喋り、泣き出したいほど辛い出来事、恋人の笑顔。

実際に目で見たことや自分の経験は、完璧に言葉で語り尽くせるものではない。こういったものは、完全に他人と共有できないものだ。だからこそ、実際に自分自身で体験することが大切なのだ。

言葉が万能でなくて良かった。もし言葉だけで世界が完結してしまうなら、人生はもっと退屈になっていただろう。これからも私は「言葉にできないもの」をひたすら集めながら、自分の人生を生きていきたい。