ひっかかりごと。

日常生活で引っかかったことを綴ります。

女の子は赤じゃないとだめなの?ランドセルの呪縛

この国にも日本の本屋さんがあって、まるで「ここは日本でござい」って感じでお馴染みの文庫本や雑誌、漫画なんかを売っている。

本だけじゃなく文房具なんかも売っているんだけど、なんとランドセルも扱っている。ランドセルの広告を見ていたら、ふと子供時代のことを思い出した。

私の使っていたランドセルは、最もありふれた赤いランドセルだった。

特に、赤は私の好きな色ではなかった。

私はその当時水色が一番好きで、だから水色のランドセルが欲しかったのだ。

だけどうちの親は水色のランドセルを買ってはくれなかった。

「赤以外だといじめられるかもしれないから」というのが買ってくれなかった理由である。

今思うと、かなり馬鹿馬鹿しい理由だなと思う。

「女の子なのに水色なんておかしい」って言われるかもしれないよ。

親のそんな言葉を覚えている。

子供がいじめられないように心配していたからこその発言なんだろうけど、そういうマイナスな動機で物事を決めるのが、今の私は大嫌いである。

自分が好きだから、可愛い、かっこいいと思うから。そういう、きらきらした理由で物事を選びたい。

ランドセルの色が違うくらいでいじめる方が悪いのに、どうしてこっちが相手に迎合しないといけないんだろう。

人と違うことがそんなにいけないことなの?

そうじゃないって教えてあげるのが教育の務めなんじゃないの?

でも残念ながら、日本では未だに画一的であるべき、人と違うべからずという風潮が蔓延っている。

そしてむしろ、教育の現場で進んでその考えを子供たちに押し付けているように思う。

制服は可愛いと思うけど、個人を「女子学生」「男子学生」という記号に還元してしまう。

私は、好きでもない赤のランドセルを6年間背負うよりも、人に何と言われても自分の好きな色のランドセルを背負うべきだったかもしれない。

無責任な周りの意見に流されるよりも、自分の意見を一番大切にすべきだったかもしれない。

赤や黒なんかの「デフォルト」以外のランドセルを背負っている子は、私にとって眩しい存在だ。彼女たちに会うと「いいぞ、その調子だ」と心のなかで応援したくなる。