ひっかかりごと。

日常生活で引っかかったことを綴ります。

SNSよりもリアルがいいね。

現在、私はFacebookもTwitterもLineもやっていない。Skypeだけは仕事でも使うからアカウントを持っているけれど。

別にSNSを使うこと自体は全然悪いことではないと思うけど、どうも私には合わないと感じるから使っていないだけだ。

夫は毎日Facebookを見ているけれど、本当に良いと思った投稿に対してだけ「いいね」できるタイプの人間だから、そういったツールともうまくつきあっていけるんだろうなと思う。

一番良くないのは、SNSに振り回されてしまうことだと思う。友達と一緒にいるのにSNSをチェックしたり投稿したりするタイプは正直苦手だ。(知り合いにはいないけど)周りへのアピールはいいから、目の前のことに集中してほしいと思ってしまう。ネットのせいでどんどんマルチタスクになり、今実際にその場で起きていることへの関心が希薄になってしまうのはどうかと思う。

それに、リアルとSNSでの人格ってイコールじゃない部分も何だか怖い。最近読んだ朝井リョウの『何者』でもSNSのグロテスクな部分が描かれていた。(裏アカって何、怖すぎ!)いろんな自分を使い分けるなんて、分裂症的で健全じゃない。

私はやっぱり、リアルの方が好きなのだ。一度投稿したら消さない限り残り続ける言葉よりも、その場その場でシャボン玉みたいにぽんぽん消えていく言葉の方がずっといい。相手の表情もわかるし、空気感も共有できる。

それに、実際に人と会うのは一日のうちの限られた数時間だから良い。SNSだといつでもどこでもコンタクトを取れてしまうのが、苦手だ。私は外部との接触を断つ時間を確保したいので、SNSだとしんどくなる。飲み会で人に会うのは好きだけど、電車内で知り合いに会うのは微妙、というアレに似ている。