ひっかかりごと。

日常生活で引っかかったことを綴ります。

「友達」って難しい?!友達100人より知り合い100人

私は友達がかなり少ないんだけど、今はそれでいいやと思っている。

昔はそのことに悩んで友達を増やそうと頑張ったりしてみたけど、どうもうまくいかなかった。

それはたぶん、私の考える「友達の条件」が厳しすぎるせいもあるのかもしれない。

 

・価値観が似ている

・話題が合う。話が続く

・一緒にいて楽しい

・大幅な遅刻をしない

 

以上の4つなんだけど、一つでも欠けていると「二人で会うのはもういいかな」と思ってしまう(超薄情で傲慢な奴だと自分でも思うけど)。

話題があって一緒にいて楽しい子でも、一時間以上の遅刻を何回かされるとダメだ(一度なら許せるけれど)。

 

 

最近は、何でも話せる親友を作るよりも、ゆるい繋がりをたくさん作っておきたいと思っている。たまたま顔を合わせたら言葉を交わすくらいの関係が気楽でいい。仕事で関わる人とは、そういういい感じの関係ができているので嬉しい。決してプライベートでは会わないけど、別にそれで構わない。

親友なんて、めったにできるものじゃないのは分かっている。でもまあ、今は夫がその代わりみたいなものかも。一応勝手に親友だと思っている人も二人いるけど、あんまり会わないし連絡も半年に一回くらいだ。

「私達、親友だよね」と半ば脅迫のように濃厚な友情を確かめ合うのは子供時代で終わりにして、大人になってからはもっと緩やかで浅い人づきあいができるようになりたい。その中から親しい友ができれば嬉しいけど、別にできなくてもそれはそれでいいや。そんな風にリラックスして人と関わっていきたい。友達100人できなくてもいいんです、知り合い100人でも案外人生楽しいかもしれないから。