ひっかかりごと。

日常生活で引っかかったことを綴ります。

フランス人男性に対する考察と、フランス人の結婚観。

日本人の女性には、フランス人と結婚したい・つきあいたいと思っている人もまあまあいるようだ。芸能人でも寺島しのぶさんや後藤久美子さん、中村江里子さんとかもフランス人が夫だし(後藤さんは事実婚だけど)。私自身は「絶対に日本人じゃなきゃダメ!」というタイプでもなかったので、成り行きでフランス人と結婚することになった。ここでは、私の独断でフランス人男性について考察したいと思う。

 

フランス人男性には、大きくわけて二つのタイプがいるように思う。

まず一つ目は、真面目タイプ。このタイプは浮気もほぼしないし、仕事熱心で家族思いだから、結婚したら割とうまくいく。でも結構オタク体質。私の夫もこのタイプだ(仲良く一緒にアニメ観ています)。ギーク(オタク)でシャイなので、ロマンチックなことはあまり期待しない方が良いでしょう。

 

二つ目は、超絶チャラいタイプ。この手の人は割と見た目も格好よくてもてるけど、一人の女性に落ち着かないことが多い。夫の同僚にもこういう人がいて、「○○さんて結婚してるの?」とその同僚について夫に聞いたら「○○は彼女が何人もいて、それぞれの女性との間に子供もいるらしいよ」と驚きの答えが!何それ、実質一夫多妻制じゃん!

 

そういえば、冒頭でフランス人との結婚について触れたけれど、そもそも概ねフランス人は結婚があまり好きではないのです。じゃあ単身者が多いのかというとそうでもなく、後藤久美子さんとアレジ氏のような事実婚が多いのです。

フランスでは結婚は日本よりも面倒くさく(婚姻届を提出するだけじゃない)、離婚するのも一苦労なのです(お金も時間もかかるらしい)。それにPACS(市民連帯契約)という、ほぼ結婚と同じメリット(税の控除、被扶養者の保険の加入など。ちなみに、私たちも数年前PACS結んだことがあります)が受けられる制度もあるし、わざわざ結婚にこだわらないカップルも多いんです(私の場合も、結婚しなきゃ私がこれ以上フランスに滞在できないからという理由で、そっけないプロポーズをファーストフード店で受けました…)。

だから実は、「すぐに結婚したい!」という女性にはフランス人はあまり向きません。でも、パートナーとゆっくり愛情を育みたいというタイプには良いんじゃないかと思います。