ひっかかりごと。

日常生活で引っかかったことを綴ります。

マンガ

『聲の形』を読みました。人の弱さと強さ、何度でも対話し続ける勇気。

『聲の形』は、日本語の生徒さんに教えてもらって知った。アニメ・マンガ大好きな若い彼らは、むしろ私より日本のサブカルに詳しい。 いじめがメインテーマである本作は、決して読んでいて気持ちの良いものではない。昔の自分の嫌な体験もフラッシュバックし…

変わっていくこと、大人になること、男であること、女であること。――『ヒメゴト 十九歳の制服』の割と本気なレビュー。

海外にいても日本の本が読めるから、私はkindleを愛用している。kindleのサービスはなかなか粋で、期間限定だけどマンガの一巻(ものによっては二、三巻も)を無料で読むこともできる。だからこれまで、本当にたくさんのマンガの一巻を図々しくも無料で読ん…

母なるものから引き離されて

私自身、生まれ育った家庭を出て結婚し、新たな家庭を築きました。私は両親(特に母親)の元から離れることを望んでいたのです。とはいえ、それは何もうちの親が悪かったからではありません。感情表現が下手なところのある人でしたが、至ってごく普通の良き…