ひっかかりごと。

日常生活で引っかかったことを綴ります。

フランス

ヒーローの資質

子供の頃、何となくピンチが来たらヒーローが現れて絶対助けてくれると思っていた。でも物心ついた頃には、なにがあってもどこにいても駆けつけてくれるヒーローなんて、いないことがわかってしまった。 だったら自分がヒーロー(むしろヒロインか)になれば…

昨夜、パリで起こったこと。

またもやフランスで悲惨な事件が起きた。 昨夜うとうと寝入っていたときに夫から聞かされ、一瞬夢かと思った。 信じられない数の人が亡くなった。 数でしか語られなくなる被害者。 その中の一人に、知り合いの知り合いが含まれていることを知ったとき、私の…

子供時代に一緒に遊んだ叔父さんの思い出。ルヴァロワまでの道中で考えたこと。

昨日友達の家でパーティーがあったので、一時間ほど電車に乗った。私は電車に乗ると、あえて本を読んだり音楽を聴いたりしないで、ゆっくり考えることが多い。電車の中くらい、空白の時間を過ごしたいという理由もある。 今日の夕飯何にしよう、とか帰ったら…

フランスの飛び切り美味しいサラダ。ドレッシングは手作りで。

私は最近、甘いものよりもしょっぱいものが好きだ。昔は甘党だったけれど、年齢を重ねるにつれ、塩味好きにシフトしていった。 中でもこの頃好きなのは、サラダだ。農業大国フランスでは野菜がかなり安いというのもあるけど、とにかくサラダが美味しい。 こ…

努力の方向性がわかることの嬉しさ。フランスで日本語教師になる!

先日の仕事探しの面談から、本当に自分がやりたいことについて考えてみた。フランスで携わりたい仕事は、日本語を教えることだ。最近まで私はネットを通じて外国人に日本語を教えたりしていたし、アルバイトながら3年間の塾講師経験もあり、昔通信講座で日…

フランスで滞在許可証を得るまでの道のり5 履歴書のお話

今日は最後のイベントだ。早起きして、歩いて指定されたオフィスに向かう。ちょうど五分前に着き、受付を済ませてしばし待つ。こちらがちゃんと時間に間に合っても待たされるのがフランスなので、十分以上待たされてもあまり気にしない。むしろ多少遅れても…

思い立った時がボランティア日和。

先日近くのスーパーへ買い物に行ったとき、オレンジのジャンパーを着たボランティア団体の人たちがいた。一人の女性が私に袋を手渡し、「貧しい人たちのために保存の利く食べ物や生活に必要なものを買って、出口で渡してくれませんか?」とおっしゃった。 私…

あえて国際結婚について語ってみる。

一応私は国際結婚をしているけど、あえてそのネタでブログをしようと思わなかった。今やそう珍しいものでもないし、既に面白いブログがたくさんあるからね。 でも今回はあえてそのことについて書いてみたくなった。というのも、国際結婚に対するネガティブな…

うたかたの美の残酷さと、写真の永遠性。モンパルナスのキキ

私自身が平凡で平和主義な女だからか、とんでもなく激しい生き方をする女たちに惹かれてしまう。 例えば、ロダンの弟子にして愛人だったカミーユ・クローデルだとか、『愛のコリーダ』で有名な阿部定だとか、天才だけど暴力的で破天荒な生き方をするジャズ奏…

フランスで滞在許可証を得るまでの道のり4

今日は、朝から夕方までフランスに関する講義をフランス語で受けた。六時間以上座って授業を受けるのは大学一年の時以来だったから、地味に疲れた…。それに、ずっと外国語を聞き続けるのは、日本語より脳が疲労するし。 受講者の人数はだいたい20人くらいだ…

フランスで滞在許可証を得るまでの道のり3

先日県庁から手紙が届いた。まずは指定の病院でレントゲンを撮り、その翌日移民局に来なさいという内容だった。 レントゲンの病院はうちから結構遠いところだったので、(しかも朝早い)夫に車で連れていってもらった。病院に着いて受付を済ませ、持ってきた…

自分の目で確かめることの大切さと、思わぬ人種差別。

ネットには匿名性があるからか、結構無責任な言説が多い。そしてそれを読んだ人が真に受けてしまうこともしばしばあるだろう。 例えば、私は以前日本へ帰国したとき知人に「フランス人って、アジア人を差別する人が多いんでしょ?大変ね」と言われたことがあ…

パリの中心で自由を叫ぶ―シャルリー・エブド事件の余波

今回パリやその郊外で起きた一連の事件について、とりあえず決着がついたようです。とはいえ、そのために4名もの人質が亡くなるという大きな犠牲を伴った訳ですが。それに、今回のテロ関係者がまだ潜んでいる可能性もあるので、油断はできません。 そして日…

「言論の自由」とは?落語で世界が平和になるかも。

私はフランスに住んでいるので、パリで起きた「シャーリー・ヘブド」の事件やモンルージュの事件を知り、身に迫った恐怖を抱いている。自分自身は大丈夫でも、もしかしたら家族や知り合いが事件に巻き込まれたらどうしよう、とたまらなく不安になる(とりあ…

気ままな映画紹介―本能のままに激しく愛し合う―『ベティー・ブルー』

フランス人を見ていると、「なんて本能に忠実な人たちなんだ!」と驚くことがよくあります。 例えば、休みたいときにはしっかりバカンスを取ったり、子供がいても男女であることを忘れず、わが子をベビーシッターに預けてデートに出かけたり、いい年の大人に…

ビザって?滞在許可証って?その2

前回は、ビザと滞在許可証の違いについて説明しました。 ビザって?滞在許可証って?その1 - tororogohan’s diary ビザって?滞在許可証って?その1 - tororogohan’s diary 今回は、ビザなしでフランスに入国し、滞在許可証を申請するまでの私のケースをご紹…

ビザって?滞在許可証って?その1

ビザと滞在許可証、似ているようで実は異なるものなのです。 私も少し前までは両者を混同していました。 (きちんとわかりやすく説明してくれるところがないので、自分で理解するしかないんですよね) それでは、違いを見ていきましょう。 まず、ビザとは日…

フランスのワーキングホリデービザ取得までの道のり

私は昨年(2013年)、ワーキングホリデービザ(以下、ワーホリビザ)を取得しました。 ここでは、これから取得したい人のために私の経験を綴っておきたいと思います。 (とはいえ、あくまで一個人の体験の上、ビザ取得の条件は毎年変わるので参考程度に留め…

フランスで滞在許可証を得るまでの道のり2

無事にレセピセをゲットした私ですが、このままだと働くことができません。 夫は会社に行ってしまうので、昼間はホームアローンな状態なのです。 仕方なくネットで内職したり、youtube見たり、散歩したり、買い物したり、掃除したりと無職状態を満喫(?)し…

フランスで滞在許可証を得るまでの道のり

フランスで滞在許可証を得るためには、まず住んでいる地域の県庁に行く必要があります。私はヴァル・ド・ワーズ県在住なので、セルジープレフェクチュールへ行きました。 移民局の受け付けは夫曰く朝早くから並ばないといけないらしいので、八時に県庁前で並…